こんにちは、くるみです。

我が家も気づけば4人家族になり、
子どもたちが大きくなるにつれて気になってきたのが【食費問題】

 

上が男の子、下が女の子なのですが、
二人とも食欲が旺盛でよく食べるんです。

 

最近の朝食はもっぱらツナサンドなのですが、
毎朝食パン4枚分のツナサンドを二人でペロッと平らげます\(゜ロ\)(/ロ゜)/

・・・長男3歳、長女2歳です。笑

小学生になったらどうなってしまうのやら(笑)

 

 

今回は、成長真っ盛りなお子さんがいる家庭で、
誰でも超簡単に食費が節約できるある方法をご紹介しちゃいます。

 

 

 

 

誰でも超簡単に出来る!月1万円以上の食費節約方法

 

まず先に、どうしたら誰でも簡単に食費の節約が出来てしまうのかをお伝えします。

これ本当に簡単です。簡単すぎて困るくらいです。

小学生でも出来ちゃういます、難しいことは一切ないんです。

 

「いやいや、そんなこと言いつつ、結局家計簿アプリとか勧めてくるんでしょ?」

 

そんな声が聞こえて来そうですが、家計簿アプリ使いません。

というか、全然頭使いません。

 

少しハードル上がりすぎたかもしれませんね。笑

 

 

誰でも超簡単に食費節約ができる方法。それはズバリ、

 

スーパーのカートを使わず買い物する

 

 

「いやいや、カートを使わないってだけで食費の節約につながるわけないじゃん」

 

そんな考えが浮かぶと思います。
私も同じような考えが浮かびました。

 

しかし、これは心理学的な視点から見ても、
しっかりとした研究結果が出ているものなのです。

 

どうしてスーパーのカートを使わないだけで食費の節約につながるのか?
これから具体的に解説していきますね。

 

 

オーケースーパーで”ついつい”買いすぎてしまうワケ

戸田駅前には、商業施設「T-FRONT」が出来たことでかなり賑わうようになりましたね。

中でもT-FRONT内にある「オーケースーパー」には、大変お世話になっています。
オーケースーパーが出来たことで、食品を安く購入できるようになり、
とても助かっているご家庭は多いかと思います。

ただオーケースーパーのようなディスカウントスーパーには、実はこんな落とし穴があるのです。

一体どんなことだと思いますか?

 

安すぎるのでついつい買いすぎちゃう!

 

そう、これです、これ。

週末にオーケースーパーに行くと、お昼過ぎくらいからレジは長蛇の列に。
夕方なんかは大変な混雑状態となっているんですね。

しかも、レジに並んでもなかなか進まない。
でも、どんどんお客さんはレジに並び始める。

これ、なんでなんだろう?と気になって観察してみたんです。
そして分かったことがあります。

オーケースーパーの買い物客は、
みな大量買いをしているということ。

オーケースーパーの入り口にも

しっかりと二つの大きなカートが用意されています。

 

 

人間の心理とは不思議なもので、

ほとんどの人はこんな大きなカゴを必要としていないはずにも関わらず、

自分の目の前に大きなカゴがあるだけで、

「カゴにスペースがたくさんあると入れたくなってしまう。」という心理が生まれてくるのです。

 

 

この心理を利用して、作られたのがディスカウントスーパーになら絶対に置いてある

あの大きなカートなのです。

 

オーケースーパーであれば、多くの人はどちらかのカートをしているのですが、

両方とも、カゴ2個分の買い物が出来るような作りになっています。

 

 

カートをこのような大きな作りにすることで、

「最低でも」カゴ2個分以上の買い物をしたくなるような心理にさせているのです。

 

ちなみに、マーケティングコンサルタントのマーティン・リンドストローム氏の調査によると、

買い物カゴを2倍の大きさにしただけで、購入率が19%も上がることが分かっているんだそう。

 

 

・・・・マーケティングでしっかりと調査結果が出ているんですね。
人間の心理って単純です(; ・`д・´)

 

コストコの巨大カート

 

一時期ブームになった「コストコ」ですが、
コストコも巨大カートがあることで有名ですよね。

 

小さなカゴにするのではなく、巨大カートにしてしまうことで、

ポンポンと食材を購入したくなる心理にさせているのです。

 

実際、巨大カートがあると「このカートをいっぱいにしたい」という気持ちになってしまって、

特別欲しいと思っていないものでも、購入してしまったという経験がありました。

 

巨大カート恐ろしい・・・・!!

 

 

こんな風に、安くてもしっかりとたくさん売上が発生するように、

企業側は、色々な仕掛けをしているわけなのです。

 

 

重いカゴを持ちながらの買い物は購買意欲よりもストレスを掻き立てる

 

我が家では、毎月食費の予算を決めていて

毎回その予算内で収まるようにオーケースーパーで買い物をしているのですが、

カートを使って買い物をしたときって、大抵「買いすぎ状態」になるんですよね。

 

 

レジでスタッフさんが、商品をどんどん「ピッピッ」とスキャンしてくれている間、

最初は何にも感じていないのですが、終盤に差し掛かってきた辺りでアワアワしてきます。笑

 

「あ、あれ?予算オーバーしまくってる!!買いすぎたーー!」

そんなことを心の中で叫びつつ、しっかりとお会計を済ませて「次は気をつけよう」と誓うのです。笑

 

それからというもの、我が家ではオーケースーパーで買い物をする際、

どんなにまとめ買いをする予定だったとしても、カートは使わないようにしています。

 

私が旦那のどちらかがカゴをもって、必要なものを買っていきます。

(子どもたちには小さいピンクのカゴをもたせつつ。笑)

 

で、大抵まとめ買いをしたときってカゴがいっぱいになるので、

すごい重たくなるんです。

牛乳や、めんつゆ、みそなどを買った日にはもう大変です。

 

「やばい~腕が折れる~!!!」

 

不思議なもので、カートではなくカゴで買い物をしていると、

「うわ、重たい!もう無理入らない!」と感じると、

自然と「よし、もうこれ以上入らないからお会計しちゃうよ~!」という流れになります。

 

重たいカゴを持ったまま買い物を続けるって、すごいストレスなんですよね。

 

 

人はストレスを感じると、そこから逃げようと必死になります。

なので、カートではなくカゴを使って、めいっぱい買い物をすることで、

自然と「もうこれ以上は買うのよそう!」となって、必然的に余計な出費が無くなるのです。

 

 

さいごに

 

「カートを使わず買い物をする」

たったこれだけで、我が家の食費は月1万円以上節約出来ています。

 

オーケースーパーでついつい買いすぎちゃって、食費がオーバーしちゃってるな~という人がいたら、
ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

それでは、また。